ブラック

ブラックリストとは、クレジットカードやショッピングローン、キャッシングで支払いを一定の期間延滞した場合、情報登録機関で登録されます。
お金を借りること自体が悪いことではなく、返済しない、延滞するのが悪い事で、延滞を行うとローン会社に迷惑を掛けることになってしまいます。こういう返済してくれない人がいると困るので返済延滞、破産などの情報が情報登録機関で管理され、今後金融業者が被害を受けないように返済延滞、自己破産、任意整理などの情報を俗にブラックリストと呼びます。 ブラックリストに登録されるとローンが組めなくなったりクレジットカードが作れなくなったりします。ブラックリストとは延滞・事故をおこした消費者の情報を指し、ブラックリストに掲載された人を金融ブラックなどと呼ぶのです。

情報機関にもよりますが情報の保有期間はCICでの例だと
申込みした情報は「照会日より6ヶ月」
契約内容や支払状況「完済から5年を経過しない期間」
申込した会社が融資調査の為に照会した記録「利用日より6ヶ月」

申込みした情報には本人を識別するための情報として、氏名・生年月日・郵便番号・電話番号などが記載されており、申込内容の情報として、照会日、商品名、契約予定額、支払予定回数、照会会社名などが記載されております。

契約内容や支払状況には本人を識別するための情報として、氏名、生年月日、性別、郵便番号、住所、電話番号、勤務先名、勤務先電話番号、公的資料番号などが記載されます。また、契約日、契約の種類、商品名、支払回数、契約額(極度額)、契約終了予定日、登録会社名などの「契約内容に関する情報」や、報告日、残債額、請求額、入金額、入金履歴、異動(延滞・保証履行・破産)の有無、異動発生日、延滞解消日、終了状況などの「支払状況に関する情報」、割賦残債額、年間請求予定額、遅延有無などの「割賦販売法対象商品のお支払状況に関する情報」、確定日、貸付日、出金額、残高、遅延の有無などの「貸金業法対象商品のお支払状況に関する情報」が記載されていますので、ウソを記載してもすぐにバレてしまい、借入が困難になるだけです。

申込した会社が融資調査の為に照会した記録は、本人を識別するための情報・利用した事実に関する情報が記載されますので、例えば昨日申込して否決だったので今日は収入を上げて申込をすると、審査の過程でウソがバレてまた否決になります。また2社の違う照会情報が残るため、3社目を申込みしても結果は同じです。

トップページ