任意整理

弁護士などに相談・依頼して、金融会社と交渉を行ってもらう手続き。弁護士の費用を支払う代わりに、利息を払わなくて良くしたり元金を減らしてもうらう事で、支払いしやすいように和解ができる。但し、約3年間で多重債務をなくすことが出来るように、返済額や返済期間について各債権者と和解をするのが目的です。

しかし金融会社との約束、つまり契約に違反する行為となるため当然信用情報機関に登録され、以後5年間は新規借入はもちろん増額や追加融資を断られる事になります。

任意整理は、原則として3年間(36ヶ月間)で法定利息まで減額された元本を月々返済していく手続です。そのため、法定利息まで減額された元本を36(ヶ月間)で割った金額が、月々返済に当てられる金額よりも下回れば、任意整理を選択することが可能です。また、任意整理は今後も借金を返済していく手続ですので、安定した収入を得ている必要があります。

また、任意整理する会社としない会社があっても良いので、例えば、キャッシング枠のみでしか使用していないクレジットカードは使えなくなっても良いので任意整理する。普段の買い物などメインで使用しているクレジットカード会社は任意整理しないという事もできます。
基本的に現在使用中のカードは使用ができなくなりますが、介入(任意整理)しない貸金業者に滞りなく返済している場合は、貸金業者が信用情報登録を確認しないため、一時的にカードが使用できるケースがあります。もっとも、カードの更新時期には通常信用情報登録を確認すると思われますので、どこかの時点ではカードは使用できなくなると考えられます。

任意整理した事実は信用情報機関に5〜8年の期間残ります。

トップページ